• 会社案内
会社案内 会社概要 アクセス 沿革 セキュリティ基本方針 個人情報利用目的

情報セキュリティ基本方針

 日本ブレインズウエア株式会社(以下当社という)は独立系ソフトウエア会社として、お客様に大きな満足をいただける付加価値の高い技術や製品を提供するよう心がけています。 当社がお客様や利害関係者の皆様から安心していただける、信頼される事業活動を継続するために取り扱う情報資産全般に対し安全対策を適切に実施し、紛失、盗難、漏洩、改ざん不正使用などから適切に保護する必要があります。
 そのためには、物理的と、技術的なセキュリティ対策はもちろん、役員及び従業員がセキュリティに高い関心を持ち、関連法規・契約を遵守する行動をとることが重要だと考えています。 そこで、ここに「情報セキュリティ基本方針」を定め、当社が取り扱う全ての情報資産を広範囲な脅威から適切に保護する為に情報セキュリティマネジメントシステムを確立し維持、改善をして行きます。

  • 1.対象となる情報資産
  • 対象情報資産とは、当社の管理下にあるコンピュータ機器及びネットワーク設備や、 施設、ソフトウエア、データ及びその格納媒体、ドキュメントや契約書類、ノウハウや知的財産をいい、さらにお客様からお預かりした情報資産も含みます。
  • 2.情報セキュリティの推進体制
  • 当社は、情報セキュリティ保護対策のための情報セキュリティマネジメントシステムを、 確立、推進、実施及び運用するためにISMS事務局、情報セキュリティ委員会、内部監査委員会を設置して役割を明確にし、責任者を任命して責任と権限を与えます。
  • 3.情報セキュリティ活動
  • 当社は、情報資産に対する脅威と脆弱性を特定すると共にリスク評価を行い、 適切な対策の実施により、情報資産の安全管理を行います。
    また、万一情報資産に何らかの脅威が及んだ場合は、原因究明、対策を迅速に実施し、影響を最小限とするよう努めます。
  • 4.法令等の遵守
  • 当社は、情報セキュリティに関連する法令、規制、及びその他の規範を遵守すると共に、環境の変化にあわせて情報セキュリティ確保への継続的な改善・向上に努め、新たな脅威にも対応できるようにします。
  • 5.教育・研修の実施
  • 当社では、全ての役員・従業員に対し、基本方針ならびに法令・関連諸規定などの説明や教育を実施することにより、情報資産の重要性・遵守事項を周知徹底します。
制定日 平成20年4月22日
  • 日本ブレインズウエア株式会社
  • 代表取締役社長
  • 大野 健